お医者さんはお坊さん

医療現場から湧き上がるいのちの声を聞く

2014年06月

泣いている理由

  「患者さんが泣いています。一度診てください。」担当の患者さんではなかったし、精神的なことであれば精神科の領域だ。私の専門分野は神経内科である。神経内科はよく精神科と混同される。こころの病は精神科や心療内科が担当で、神経内科は脳卒中やパーキンソン病などの脳... 続きを読む

唯識三十頌

相応学舎「真宗と唯識の会」資料キーワード:唯識、唯識三十頌、世親、玄奘、Triṃśikā vijñaptimātratāsiddhi, Vasubandhu唯識三十頌_訓読_サンスクリット.pdf... 続きを読む

窓辺の紫陽花

  月参り(逮夜参り)で訪れたご門徒さんのお宅で撮らせていただきました。鮮やかな色の紫陽花です。庭にもっとたくさん咲いていたそうで、みなさん足をとめて見て行かれたとおっしゃっていました。こちらはペチュニアでしょうか。これは確かイソトマとおっしゃっていたような気... 続きを読む

突然の別れ

  何もできなかった。ちゃんと話もできないままに突然のお別れだった。筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者さんがまた一人亡くなられた。ALSとは全身の運動神経が障害される難病である。四肢が動かなくなり、会話や嚥下が困難となり、最後は呼吸もできなくなり、人工呼吸器をつけな... 続きを読む
最新コメント
ギャラリー
  • 第1回 家庭介護教室「まなびあい」のご案内
  • 2016年受念寺報恩講ご案内
  • 2016年受念寺報恩講ご案内
  • やさしさに潜む闇
  • 日本とタイの実践者から看取りの場作りを考える会
  • 祖母の死

人気ブログランキングへ