家への帰り道のことだった。どこからだろうか、冷たい風に乗ってふわっとお線香のかおりがした。寒さを一瞬忘れて何か温まるような、ほっとするような、そんなうれしい気持ちになった。私はお線香のかおりが好きだ。なぜ好きか。好きなことに理由を付けるのも何だが、あえて... 続きを読む