今日は、受念寺に併設する軽費老人ホーム「受念館」で、浪速中学・吹奏楽部の皆さんが慰問演奏会を開いてくださいました。入居者の皆さんはもちろん、近所の方も聞きに来られていました。

心のこもった素晴らしい演奏を間近で聞かせていただきました。やはり音楽というのはいいものですね。楽器それぞれ音色は違うけれど、全体として調和している世界。そして聞かせる側と聞く側が一体となる世界が実現していました。

曲目は、前半が「糸」「なごり雪」。途中にメンバー紹介がありましたが、これがまた大変工夫が凝らされていてとても楽しく聞かせていただきました。後半は「津軽海峡冬景色」そして最後は皆で「ふるさと」の大合唱でした。

入居者の皆さんも大変喜ばれていたのではないかと思います。浪速中学の皆さんは、大変な準備をされてきたことと思います。演奏もさることながら、当日の会場設営もトラックで楽器を搬入し非常に手早く準備をされていました。指導の先生方も適切な導きをされているのでしょう。

浪速中学の皆さん、本当にありがとうございました。
05